pickup

夏のスキンケアは→「KYO BIJIN」

 

夏なのに乾燥する!?

夏は汗や皮脂のせいで肌がうるおっているように感じるかもしれませんが、実はインナードライということが多いんです。

インナードライとは肌の内部が乾燥していることを言います。

皮脂は出ているのに肌がつっぱったり、脂っぽいのに皮むけしたりカサカサしている部分がありませんか?

夏だから乾燥はしないということはありません。
むしろ夏の乾燥こそ危険なんです。

ではインナードライはなぜ起こるのか考えていきましょう。

たくさんの汗をかく

人間の体は熱がこもらないように、たくさんの汗をかくようにできています。
その汗をかくときに実は汗とともにミネラル分も流れ出てしまうのです。

こうして肌のうるおいが流れてしまい、カラカラになりインナードライの原因となるのです。

エアコンの風によって乾燥する

外は熱く湿度も高いですが、建物の中に入るとエアコンがガンガン入っていて、除湿などもしていますよね。
そのため空気は乾燥しています。

乾いた空気の中にいると、肌の内部の水分の蒸発を防ぐ皮脂が不足し、肌の水分は蒸発してしまいます。
またエアコンの冷風に直接あたるようなことがあると、なおのこと乾燥が進んでしまいます。

夏の紫外線を浴びる

夏の紫外線はとても強く、シミの原因であるメラニンを生成するだけでなく、うるおいやハリを失う原因になります。
うるおいを失った肌は乾燥します。

肌の乾燥が進むと、なおのこと紫外線の影響を受けやすくなるため、肌トラブルの原因になります。

ターンオーバーも乱れて、肌の乾燥がより進むわけです。

 

クリスマスVer

 

インナードライを放っておくと大変なことに!?

夏は汗や皮脂が出るため、肌が乾燥しているとは思わない方もいると思います。

でも放っておいては大変なことになります。
今一度自分がインナードライではないか確かめてみてください。

夏でも保湿は重要です。

うるおいを失った肌は肌表面のハリもなくなって、小ジワの原因にもなります。

またクーラーの冷風によって血行不良を起こし、栄養がいきわたらなくなってコラーゲンやエラスチンがダメージを受け、ハリ・弾力が失われてしまいます。

また乾燥した肌は紫外線の影響も受けやすくなり、メラノサイトの数が増え、メラニンの生成は活発化します。

結果、ターンオーバーのサイクルが滞留しメラニンも滞留してしまいます。

たくさん生成されても、なかなか消えていかないのがメラニン。
これが、色素沈着と進んでいくこともあります

 

暑い夏にべたべたスキンケアをしたくない!!KYOBIJINがオススメ!

暑い夏はシャワーを浴びてもすぐに汗だく。。。

こんな暑い夏にべたべたするスキンケアなんてしたくない!
誰でもそう思いますよね。

それに暑いからスキンケアはパパッと済ませたいって思いませんか?

そんな時はテクスチャーが軽めできちんと保湿ができるオールインワンゲルがオススメです。

オールインワンゲルを冷蔵庫で冷やしておくとなおスッキリして真夏のスキンケアも楽しくなります。

真夏にはクリームタイプのオールインワンは選ばないほうが良いでしょう。
さっぱり軽めのテクスチャーの「KYO BIJIN」がオススメです。

「KYO BIJIN」は一年中使えるオールインワン。

「KYO BIJIN」はホワイトケア、24時間保湿、活性エイジングケアと3つのスペシャルケアを一つで叶えてくれます。

更にはナールスゲンを配合し、肌のコラーゲン量、エラスチン量などを増やしてくれます。
また小じわ・ハリ対策にもなりますし、紫外線からの保護作用もあるんですよ。

紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいますから、美白ケアは欠かせませんよね。

 

KYOBIJINの公式サイトでは今なら通常価格、税込み5,800円が、63%OFFの税抜き1,990円で購入することができます。
(季節によりもっとお安いキャンペーンあり)

定期コースになりますが、回数の縛りはありません。
解約するときは電話での解約となります。

2回目以降は税抜き3,990円です。(約1か月分)

お届けサイクルは30日と60日から選べますよ。

今すぐ公式サイトをチェックしてください!

クリスマスVer

おすすめの記事